妊娠する力とカラダの年齢

ブログ, 不妊症, 鍼灸

こんにちは、猿田彦鍼灸院の長谷川です。
当コラムでは鍼灸師兼不妊カウンセラーとして患者様と向き合った経験から、多く寄せられたお悩みや相談内容についてわかりやすくお伝えしていきます。また情報の更新された場合もお知らせしますので、よろしければ参考にしてください。

妊娠する力とカラダの年齢

妊娠する力は詳しくは妊孕力(にんようりょく)と言われています。不妊症は妊孕力が低下していると言い換えることができます。不妊症の方もそうでない方も妊孕力は年々低下してきます。女性ほどではありませんが、男性の妊娠する力も低下することが研究で明らかになってきています。

不妊症の検査で調べられた方も多いと思いますがAMH(アンチミューラリアンホルモンまたは抗ミュラー管ホルモン)は卵巣の予備能の指標とされ、妊娠する力の参考値になっています。当院でも重要な検査の一つであると考えています。結果をお持ちの場合は必ず伺います。AMHは数値として結果が出るので低い値で焦っている方や踊り驚いている方があるのではないでしょか。AMHの値に合わせた治療の方法がありますので、それぞれのクリニックや当院にご相談ください。

一方、東洋医学の視点から見ると妊娠する力妊孕力は見かたが変わります。東洋医学で妊娠は母親から赤ちゃんへ命と力を分け与える行為と考えます

つまり母体となるカラダに分け与えられるエネルギーが蓄えられているのか。

が重要です。逆に蓄えられていない例は
・ 毎日忙しくヘトヘトな人
・ 妊活や仕事や家庭のストレスで気持ちに余裕がない人
・ 階段を上がるだけで息がきれるなどの体力が落ちている人
などです。このような場合、妊娠出産に回す余力がないのです。妊娠する力も落ちていると考えられます。しかし東洋医学的には妊娠する力は取り返すことができます。年々老化し妊娠から遠のくカラダを若返らせることができれば良いのです。不老不死になろうということではなく、「年齢の割には若いよね」を目指してもらいたいのです。毎日忙しくても楽しく充実しているのであれば、さほど疲れません。受けるストレスを十分に発散できていれば、ストレスにも負けません。筋力や柔軟性は鍛えれば何歳からでも向上します。このように

気持ちとカラダのアンチエイジングで妊娠する力の低下を緩めること

ができるのです。
東洋医学や鍼灸治療には、これらにつながるヒントがたくさんあります。だから西洋医学と東洋医学を併用した妊活、治療が効果的だと考えられます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧